エンタメ

高畑裕太の入院先は病院とは思えない豪華施設だった【埼玉県楽山】

takahata-yuuya-hospital

体調不良を訴えたタレントの高畑裕太(たかはたゆうや)が緊急入院する事になりました。
入院先の病院がどこかに注目が集まりますが、埼玉県にある「楽山」という施設という事が判明しました。

ところがこの楽山は、病院どころか最高のリラクゼーション施設だったのです。

楽山の利用目的

病院というと消毒液等の独特の匂いがし、決して快適な環境ではないのですが、楽山は「リフレッシュ入院」という名目の入院を行う事が可能で、ストレスを感じた人が任意で入院する事が可能なのです。
ホテルのような心地よい隠れ家的なサービスを受けられる最高水準の施設なのに、保険適用が可能なのです。

さすがみマスコミも病院施設の中にまでは踏み込めないので完全シャットアウトできるので、高畑裕太もリラックスした時間を過ごせるのでしょう。

豪華な施設内設備

ゲストルームと称された各部屋は豪華絢爛です。
一例として、4階・ヒーリングクラブフロアの部屋は こちら のように、まるでシティーホテル並みの雰囲気です。

おそらく高畑裕太が滞在したのもこのタイプの部屋なのでしょう。

保険の世界には「差額ベッド代」というものがありますが、こちらは「差額室料費」という名目となっています。
気になる金額は1日あたり1万円で、経済力のある高畑敦子からすれば、何てことはない金額でしょう。

部屋の中には 洗面所お風呂 や ミニキッチン があり、あまつさえ カードキー さえも付いているのです。
看護師の方が自由に出入りできる通常の病院とは違い、まんまホテルなのです。

その他にもプライバシーを重視した、完全個室の診察室 もあります。
通常の病院だと、少なからず他の患者さんへ診療内容が聞こえたり名前を呼ばれたりで、プライバシー保護という点では完全ではありませんが、楽山ならそういったところもきっちりと守られるのです。

リラックスにはもってこいの施設

このような素晴らしい施設が保険適用だとは思いもよりませんでした。
普通の病院だとベッド不足で早めに退院をせまられたりすると聞きますが、この楽山ならそんな事はないでしょう。

高畑裕太のような経済力のある層だけでなく、私達一般的な層でも数日間だけなら十分過ごす事はできそうです。



ピックアップ記事

  1. yozawa-tsubasa-girlfriend
  2. yoshizawa-hitomi-fat
  3. ninomiya-girlfriend-itou-ayako
  4. ookido-bldg-okada-yukiko
  5. ozaki-hiroya-mother
  6. tanaka-reina-yankee
  7. watabe-atsurou-lover
  8. takagi-saya-arrest
  9. smap-dissolution-newest
  10. inoue-seika-tokui-yoshimi
PAGE TOP