エンタメ

高樹沙耶「逮捕されたら番組がパー」との陰口が辛かったと爆報フライデーで語る

takagi-saya-arrest

女優の高樹沙耶(たかぎさや)は、2012年7月にある宣言を行い、世間を騒がせます。
その発言内容とは

この度大麻草検証委員会の幹事となり、自然回帰活動とともに、この事を多くの方に知っていただたきたく活動に参加することを表明いたします。

と自身のブログで、大麻の合法化を訴える発信した事なのです。

その事によって「逮捕されたら番組がパー」といった悪評がたった事がショックだったと、2016年10月7日放送の「爆報!THEフライデー」で語りました。

テレビ局で悪評が出る

その発言内容が世間で大バッシングを受け、各テレビ局で

高樹沙耶?
あんな奴は駄目だろ。
逮捕でもされたら全部パーになるぞ。

と、いつ逮捕され、番組が放送できなくなるか分からないと悪評がたったのです。

さらに今まで仲が良かったスタッフにまで

そういや高樹沙耶って大麻吸ってるんだろ?
早いところ降ろさないとこのドラマ打ち切りになるんじゃないか。

陰口を叩かれたのです。
それでついたあだ名が「大麻女優」だったのです。

結果干される形で仕事を失い、2012年10月をもって芸能界を引退したのでした。

そういった事が一番ショックで辛く、その頃に涙は出尽くしたと高樹沙耶は語ります。

私はあなたに何か危害を加えた?
おかしな発言した?
いじめた?
気が狂った?
そんな事ないでしょ。

と、目を見開き矢継ぎ早に語る高樹の様子を見るに、相当辛かった事なのでしょう。

大麻の合法化を訴える理由

なぜこのように変人扱いされてまで大麻の合法化を訴えるかというと、高樹沙耶いわく大麻は日本の産業や文化に大事な役割を果たしてきたからなのです。

大麻草というのはロープや洋服を作ったり「麻の実」という栄養価の高い食物だったりとか、有効な使い方をされています。

世界の医学の現場では医療大麻というのが使われていて、こんなに健康になり、私達の生活にも役立つのであれば、もう1度国に検証していただいて使用すればいいのでは。

という、確固たる現実に基づいた信念があるのです。

今回爆報フライデーでは、再び叩かれる事を覚悟のうえで、上記信念を語りました。

そしてその信念を貫き、きらびやかな芸能界を捨てて現在は石垣島のジャングルを開拓して生活しているのです。
高樹沙耶は現在石垣島を開拓し宿泊施設を建設!旦那様と報道された方はただの共同生活者の1人だった
も是非ご覧くださいませ。

ピックアップ記事

  1. liver-diet
  2. m-station2016-artists
  3. tokuzawa-naoko-jiroukou
  4. okazoe-maki-boyfriend
  5. smap-nakai-kimura
  6. okamoto-kenichi-son-keito
  7. kobayashi-mao-spread-brain
PAGE TOP