エンタメ

SKE48佐藤聖羅 卒業理由はノンスタイル井上との熱愛ではないと言うがタイミングが良過ぎるだろう

satou-seira-graduation

SKE48の中でもダントツのセクシーボディーを誇った佐藤聖羅(さとうせいら)さん。
可愛い系が多いAKBグループ内では希少価値がある存在で、男性からの需要も多いだろうと思っていたのに、2014年2月27日の卒業公演をもって卒業となりました。

卒業理由としては

5年間SKE48で活動してきまして、SKE48で学べるものは全て学んだのではないかと思う

との事でした。
佐藤聖羅は1992年4月30日生まれなので22歳直前でしたし、そのコメントには納得せざるをえませんでした。

ただ、後でノンスタイルの井上裕介(いのうえゆうすけ)との熱愛が卒業理由ではないか、いやそれしかないだろうという事例が発覚したのでした。

2014年7月2日:ノンスタイル井上との熱愛が報じられる

2014年7月2日に東スポが「ノンスタ井上が元SKEグラドルと隠密愛」と報じました。
元SKEグラドルとは、2月末に卒業したばかりの佐藤聖羅の事だと名指しをしたのです。

2人の馴れ初めは昨年2013年に飲み会で知り合い、秋頃から友人達を交えて食事したりカラオケしたりしたのです。
そして佐藤が卒業した後に交際を本格化したのです。

ノンスタイルは2014年6月2日に新宿の「ルミネtheよしもと」でライブを行いました。

そして佐藤聖羅は同日18時台にアップしたブログで

ジャルジャルさんやインパルスさんが好きだという友人と、ルミネtheよしもとでお笑い観賞いたしました

と記述しました。

その事に関して東スポ記者が井上に
「付き合っているアイドルがルミネに見に来てくれましたよね?」
と畳み掛けても
「来ていませんよ」
と否定されました。

東スポ記者の方によれば
「困った時の井上」
と言われる位、いつでも(スキャンダル)写真が撮れる存在だったのに、その頃はやたらとガードが固く車で追跡してもまかれる様になったとの事です。

そして佐藤の事を「友達のひとり」と認める発言をしたのですが、その割には佐藤がブログで井上の名前を出さないのが不自然だったのです。
前述のブログ記事においても、仮にもM-1王者のノンスタイルの名前が出ていないのは確かに妙な話です。

それ以外にもいくつかの状況証拠があり、東京スポーツは2人の熱愛を報じたのでした。

2日後が佐藤聖羅のファーストDVDが発売日だった

東スポが熱愛を報じた2日後の2014年7月4日は、佐藤聖羅のファーストDVD
「インデペンデンス☆デイ~新たな一歩~」の発売日でした。

ゆえにその売名行為として熱愛が報じられたのではと噂されたのです。

それを否定するかのごとく佐藤聖羅は7月3日にツイッターで

売名とかっΣd(゜∀゜d) 今まで頑張って来た相手にも、自分にも、そんな失礼な事出来ないよっ
売名なんてしなくても、聖羅は自力で頑張れる!!

とツイートしました。
現在はそのツイートは削除されています。

ただ東スポに7月2日にスキャンダルが掲載される数日前に、佐藤聖羅はファーストDVDの宣伝のために同誌に登場しました。
という事は東スポ記者と対面し、良好な人間関係を構築したはずです。
なのにいきなりハシゴを外される様に、わずか数日後にスキャンダルが掲載されてしまたのです。

これには作為的な何かを感じます。
こういった事が、SKE48卒業以降パッとしなかった佐藤聖羅のファーストDVDを売るためのデキレースだったと言われるゆえんです。

ノンスタイル井上についていけば間違いない

あのM-1王者のノンスタイル井上と深い仲になれた佐藤聖羅。

そして「困った時の井上」と呼ばれる位、スキャンダルが報道されても大して問題のない井上ゆえに、熱愛報道があっても大丈夫。
これが俳優さんとかだと、相手に大迷惑をかけてしまう事になります。

よってSKE48卒業の踏み台及びその後のDVD発売時の宣伝にもちょうど良かったのではないでしょうか?

こういった事から佐藤聖羅がSKE48を卒業した理由は、ノンスタ井上との熱愛ではないかと思うのです。

佐藤聖羅の名誉のために言っておくと、井上を利用ではなく「井上さんを活用させていただく」といった気持ちだったのでしょう。

ピックアップ記事

  1. photic-sneeze-reflex-cause
  2. ototake-body-cause
  3. hanae-natsuki-marriage
  4. elastane-food
  5. abigail-and-brittany-hensel
  6. tanabe-agency-shouchi
  7. becky-kawatani-wife
  8. england-eu-leave
  9. tomita-mayu-wiki
  10. asakura-misa-shimada-youshichi
PAGE TOP