エンタメ

パフューム(Perfume)のっちと彼氏の芸人マンボウやしろは2012年から付き合っていた

perfume-boyfriend-yashiro

Perfume(パフューム)の「のっち」こと大本彩乃(おおもとあやの)の彼氏は、意外にもブサイク芸人と言われるマンボウやしろ氏だったのです。
2016年元旦のスポーツ新聞各紙で報道されたこのスクープに驚いた方も多い事でしょう。
1988年9月20日生まれで27歳ののっちと、39歳のマンボウやしろはちょうど一回り差のカップルなのです。

付き合い始めたのは最近と思われるのが普通でしょう。
なぜなら常に注目されるあのパフュームゆえに、彼氏の影が見えればすぐに嗅ぎ付けられるでしょうから。

ところが以外にも2人の交際期間は長かったのです。
やしろ氏が「マンボウましろ」としてピン芸人として歩み始めた頃からの付き合いなので、2012年位からの付き合いになる計算です。

マンボウやしろプロフィール

  • 生年月日:1976年7月19日 
  • 身長:178cm
  • よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
  • 2011年9月24日をもって、1997年より続けてきたお笑いコンビ「カリカ」を解散。
  • 2012年1月2日に、東京・シアターモリエールにて「マンボウやしろ改名会見」を開き、ピン芸人としての道を歩み始める
  • 吉本ブサイク芸人ランキングで3年連続1位となり、殿堂入りを果たす

スポニチの報道と両者事務所の見解

2016年元旦のスポニチでの報道では、昨年から交際に発展したとなっています。

また、その報道を受け、パフュームとやしろの両事務所は
「友人のひとり」
と、口を揃えた様なコメントを発表しました。

ところがレコード会社関係者によると、交際期間はもう3~4年にも及ぶという事なのです。

のっちとマンボウやしろの馴れ初めは仕事

Perfumeのっちの過去の彼氏は2009年にフライデーされた、ロックバンドのボーカルでした。
ただその彼氏とは長く続かなかったのです。
そしてそれ以降は彼氏がいるとのスクープはありませんでした。

前述のプロフィールで記述した様に、マンボウやしろは2012年正月にピン芸人として再出発します。
その頃に両者は仕事を通じて知り合い、のっちがやしろに惚れたとの事です。

既にパフュームとして大スターの地位を確保していたのっちと、35歳にして新たな道を模索しているマンボウやしろとでは、失礼ながら格差があると思われても仕方がないでしょう。
2人のデートは主にインドアが主流だったのです。

それゆえ長い間熱愛がスクープされる事がなかったのかもしれません。

熱愛が発覚した理由は披露目か?

そんな2人ですが、徐々に一緒に外出したり、人に紹介する様になっていきます。
そして決定的なお披露目となったのは、昨年2015年10月27日なのです。

この日は椿鬼奴と、お笑いトリオ「グランジ」の佐藤大との結婚パーティーがありました。
一次会では関係者が沢山集まったので、披露目する事は避けました。
何より主役は結婚した2人ですので、当然の配慮といえましょう。

ただ場所を変更した二次会は、親しい知人だけの限られた人数という事もあり、のっちの事を
「彼女です」
と紹介したのです。

マンボウやしろと、年上の後輩にあたる椿鬼奴は非常に仲が良く、のっちとの交際を前から知っていたのでした。

あのPerfumeのっちの彼氏がマンボウやしろという事で、その場にいた芸人さん達はさぞや驚かれた事でしょう。

のっちはアゲマン

マンボウやしろは2013年4月1日より、TOKYO FM にて「Skyrocket Company」という2時間番組の仕事を得ました。
放送日は月~木の間ですので、毎日それなりに忙しいはず。

のっちと付き合いだしてから間もない頃にこの仕事を得たので、のっちがいかにアゲマンぶりがうかがえます。

2016年の放送の初回は1月4日(月)だったのですが、番組内で

(のっちとは)本当に友達だから仲がいい。
椿鬼奴の結婚式に行った事で誤解されたかもしれない。
これで(のっちに)絶好されて一生遊んでもらえないか不安。
(今回の熱愛報道で)番組共々僕自身もいなくなるかも。
その時は誰か仕事ちょうだい。

と自虐的な発言をしました。
天下のPerfumeと付き合っているという事で、番組共々自分も消されるという事を懸念すると同時に、笑いにしたのです。

同番組を聴くに、マンボウやしろは頭の回転も速く、トークも上手いと感じました。

我が道を行くタイプののっちが彼氏にしたくなるのも分かる気がします。

ピックアップ記事

  1. furutachi-son-yuuichirou
  2. ototake-job
  3. takachi-noboru-estheticf
  4. masuzoe-bunshun-2nd
  5. ariyoshi-fox_original
  6. ototake-hitomi-apology
PAGE TOP