エンタメ

中谷美紀と破局した渡部篤郎の結婚相手は30代といっても40近い。それなら中谷でいいんじゃないのか

俳優の渡部篤郎さんが結婚を決めました。
結婚相手は2003年から付き合っていた中谷美紀さんではありません。
銀座のクラブに勤めていた元ホステスの30代女性の方です。

中谷美紀とは昨年2015年夏に破局したと言われ、それ以降復縁もありませんでした。

そんな渡部篤郎ですが、中谷美紀と破局したのとほぼ同時期に銀座ホステスの方といちゃいちゃしている浮気現場をスクープされました。
その方は銀座でホステスをされているA子さん(仮名)という方でした。

おそらくその時のA子さんが、今回の結婚相手なのでしょう。

浮気現場のスクープ内容

昨年2015年7月発売の女性セブンにて、前述の様に渡部篤郎の浮気が報じられました。

お相手女性のA子さんは、清原和博の元嫁の清原亜希さんに似たアラフォー女性。
性格は渡部篤郎と離婚したRIKACOさんに似て、サバサバして物事に執着しないタイプ。
そして離婚歴有りのバツイチで、お子さんがいらっしゃるのです。
お互いにバツイチ同士で、あまり固執しないタイプですので一緒にいて居心地がいいのでしょう。

中谷との浮気が原因で、渡部とRIKACOは2005年に離婚していたのです。


浮気スクープ直後に中谷美紀が事務所を独立していた

中谷美紀はデビュー以来ずっとスターダストプロモーションに所属していました。

ところが2015年7月いっぱいをもってスターダストプロモーションを辞め、そして個人事務所を設立したのです。
独立を決めてからは弁護士を立てて話し合いを進め、異常な位短期間で契約終了となったのです。

事務所の看板女優が独立するとなると、事務所とモメるはずですが、その時間さえなかったのです。

独立理由は
「海外での活動も視野に入れたいため、自分の好きな様にできる個人事務所を設立した」
となっています。

でもそれにしては動きが早過ぎます。
本当の理由は、同月7月に渡部篤郎の浮気が報じられたから、もう一緒の事務所にいたくなかったからではないでしょうか?
というのも、2009年に渡部をスターダストプロモーションへ誘ったのは、他ならぬ中谷だったのです。

誘っておきながら自分は退社した。
いえ、それはそれで結構なのですが、それなら渡部も誘って独立してもおかしくはありません。

渡部にしてみればはしごを外された格好になってしまいましたが、それは浮気をされた仕返しとすれば妥当かもしれません。


結婚したかった中谷美紀とこのままでいたかった渡部篤郎

中谷は女優という仕事ゆえに、随分時間を犠牲にして結婚も遅れました。
40歳目前となり、結婚したかったことでしょう。

でも渡部は結婚という形式にこだわらかなったのです。
「このままでいいじゃない」
という考えでしたのでしょう。

その状態で渡部の浮気。
中谷にしてみれば許せない事でしょう。
30代の時期の全てを渡部にささげ、そしてそれが無になってしまったのですから。
2016年1月をもって中谷も40歳になり、もう子供も厳しいでしょう。

そして自分を離れて若い女に行くのならまだしも、自分とそれほど歳が変わらないアラフォー女性のA子さんと再婚を決意してしまった。
それなら自分でいいじゃないと思う事でしょう。

あまりガツガツ結婚を口にすると男性は離れていくというのは確かにしょうがないです。
何せ日本の法律では離婚となった場合の男性のリスクが大き過ぎますから。
親権は女性にとられるし、養育費も大変です。
結婚したくないというのも分かります。

なら、せめてプレイボーイの方は、若い女性と若い期間だけ付き合えば良いのではないでしょうか。
そうすればお互いハッピーな関係が築けると思うのですが。

でも元はといえば、RIKACOとの家庭を壊した中谷への因果応報かもしれません。

渡部篤郎の結婚相手の元ホステスの30代女性が、ワンギャルで活躍していた山本恵美さんというのが判明しました。
渡部篤郎の彼女のホステスが元ワンギャルの山本恵美と特定された経緯
も是非ご覧くださいませ。

ピックアップ記事

  1. m-station2016-time-table
  2. ariyoshi-fox_original
  3. becky-return-october
  4. umemiya-anna-daughter-separation
  5. hamamatsu-katou
  6. kikuma-yukino-johnnys
  7. hiroshi-yamada-kiyoko
  8. kikuchi-ami-fat
  9. onoe-matsuya-father
PAGE TOP