エンタメ

カズレーザーがバイセクシャルな「ネコ」と公言「美しい方が好み」

kazu-bisexual

2015年末のM-1グランプリで彗星のごとく出現し、体重100kgをゆうに超える安藤なつとバイセクシャルと公言しているカズレーザーの両者からなる笑いコンビ・メイプル超合金。

そのメイプル超合金の2人が2016年7月19日放送の「有吉弘行のダレトク!?」に出演し、カズレーザーがバイセクシャルな「ネコ」だと語り、好みのタイプについても言及しました。

男性の好みは美しい人

進行役の高橋真麻からバイセクシャルである事を振られ
「バイってどんな感覚なんですか?」
と質問されると
「幸せな感覚ですね」
と答えました。

MCの有吉弘行から
「どういうタイプがいいの?男性だったら」
と聞かれると
「やっぱり美しい方ですね」
と回答。

相手に対して点数を付ける

カズレーザーは「相手」に対して、ルックス・スマート・セクシーさという3つの要素で点数を付けている事が明かされました。

有吉弘行は「色気もある」という事で22点という高い点数が付けられました。
例え男性からとはいえ高評価を得られた有吉は「結構いいんじゃない」と嬉しそうでした。
特に若い頃は可愛らしいルックスをしていた有吉ゆえに、この点数には納得です。

ちなみに高橋真麻にも点数が付けられ、こちらは有吉を越える23点だったのです。

男女どちらでもいい

高橋真麻から
「対男性の時はどちら側なんですか?」
と質問されると「ネコ」と答えました。
ネコとは受身の事なのです。

さらに男女どちらが良いか聞かれると
「自分を好きになってくれる人なら」
と謙虚な態度を示したのです。

決して誰でもよいわけではない

共演者の山崎弘也から
「(バイセクシャルという事は)対象が全員って事だもんね」
と言われると
「そんな軽い男じゃないっす。何言ってんすか」
とやや怒った口調で反論。

前述したようには「美しい方が好み」なので、誰でもいいわけではなく相手は選ばしてもらうよ、という意味合いの発言ととらえる事ができます。
実際カズレーザーは中々すっきりとした顔と、筋トレで鍛えたナイスボディーを持っているので、このような発言をしても納得せざるをえません。

そしてこのような発言をした山崎弘也に対する評価は11点と低かったのです。

いえ、むしろ11点もの点数を付けてくれた事は、カズレーザーの慈悲深さを物語っているのかもしれません。

ピックアップ記事

  1. tanabe-natsume-miku
  2. sasaki-shimizu-divorce
  3. takahata-kotomi-yuuta-father
  4. torigoe-bunshun
  5. abigail-and-brittany-hensel
  6. utada-hikaru-currently2016
  7. kozono-ryoo-hiromi
  8. fujii-fumiya-firlfriend-wife
  9. amemiya-touko-divorce
PAGE TOP