エンタメ

橋爪遼の母親は橋爪功の2度目の結婚相手で沖縄出身

俳優として活躍している橋爪遼(はしづめりょう)が逮捕された事により、母親という存在にも注目が集まるというものです。
父親で同じく俳優を生業としている橋爪功(はしづめいさお)氏の奥さんが、息子の遼の母親という事になるのですが、功氏には離婚暦や事実婚状態だった事があり、やや複雑な関係なのです。

1度目の結婚相手は元宝塚女優

橋爪功氏の1度目の結婚相手は、宝塚出身の元女優でした。
その女性との間に1児をもうけるのですが、離婚となったのです。

橋爪功は1941年9月17日生まれなので、その1度目の結婚はおそらく1970年代か、もしくは60年代だった可能性が大です。

息子の橋爪遼は1986年生まれなので、この時生まれた子供が橋爪遼でないのです。

離婚後は小川眞由美と婚約したが事実婚状態のまま消滅

離婚した橋爪功は、文学座時代の同期女優の小川眞由美と1981年6月の舞台「ドリスとジョージ」で共演します。
この共演がきっかけで、同年9月にはスピード婚約発表となりました。

しかしお互いアラフォーだった事もあり、決して結婚という事にこだわっていなかったので具体的なプランは決まっておらず、何となくの事実婚状態が続き4年後の1985年に婚約解消となったのです。

2度目の結婚は沖縄出身の20歳年下の一般女性と

その後橋爪功は沖縄県出身の20歳年下の一般女性を嫁としてもらい、2人の子宝に恵まれます。

その2人の子供のうちの1人が橋爪遼なのです。
橋爪遼は1986年11月21日生まれなので、小川眞由美との事実婚を解消してからすぐに沖縄女性と結婚して子供を作ったのでしょう。

もしくはその沖縄女性と良い関係だったので、小川眞由美との関係を解消した可能性も否めません。

この沖縄女性との間に生まれたもう1人の子供は、橋爪遼の妹さんという事になります。
一般女性である妹さんは、兄の逮捕にショックを受けていらっしゃる事は言うまでもないでしょう。

母親との交流をブログにアップしていた

父・母・本人・妹の4人家族はおそらく円満だったのでしょうか、橋爪遼はブログにて母との交流を度々アップしていました。

2013年2月24日には母親が購入した「ルンバ」の事をアップしています。

また、2015年2月6日には母親が作ったおいしそうな豚汁をアップしています。

しかしお母様はあくまで一般人という事で、決して顔は出さないように配慮しています。

橋爪遼には2012年に薬物疑惑が報じられたりもしたのですが、その後もこういうほのぼのとした様子という事は、しっかりとした関係性が母親との間で築けていたのだと推測できます。

そのような期待を裏切ってしまった罪は、あまりにも大きいというものでしょう。

ピックアップ記事

PAGE TOP