エンタメ

藤原さくらの父親もかわいい顔しているが実は歌の題名が「かわいい」だった

シンガーソングライターとして活躍しだした新星、藤原さくらさん。

若干20歳ながら、フォークギターを持ち自ら作詞作曲を行う。
何やら1970年代の感じがして、アイドル全盛の昨今では非常に新鮮さが感じられます。

その独特の路線には、かわいい外見をお持ちのお父様の影響があったのです。

シンガーソングライターとなった敬意とお父さんについて迫ってみましょう。

藤原さくらプロフィール

  • 1995年12月30日生まれ
  • 福岡県出身
  • 父の影響で10歳からギターに慣れ親しむ
  • 高校入学してからはオリジナル楽曲の作成を行う
  • 2014年3月、高校卒業と同時に上京。オリジナルアルバム「full bloom」でインディーズデビュー。
  • 2015年3月18日、アルバム「à la carte」でメジャーデビュー

父親はベーシストの藤原宏二さん

藤原さくらさんのお父さんは、ベーシストとしてご活躍中です。

平成元年の1989年に「いかてん」こと「三宅裕司のいかすバンド天国」という番組が放送されていました。
新たなバンドを発掘するという、伝説的な番組です。

そしてその番組に出演され、太鼓判を押される腕前だったそうです。

かわいいのは藤原さくらの顔でなく楽曲

「かわいい」のは顔でない。

何やらこう書くと御幣がありそうです。
確かにさくらさんの顔はかわいいのですが、藤原さくらの代名詞が「かわいい」と言われるのは別の理由がありした。

それは彼女の楽曲名が「かわいい」なのです。
youtubeの公式チャンネルでの配信がこちらになります。

澄んだ声をしてらっしゃいますね。

真摯な活動が注目され、大抜擢

あの福山雅治が主演のドラマ「ラヴソング」が4月から開始になります。
そのヒロイン役を藤原さくらがもぎとったのです。

昨年2015年12月の最終オーディションで福山雅治のギターに合わせて歌唱を開始した途端、審査員の間で衝撃が走ったのです。
確かに前出の動画を見れば、その理由もうなずけます。

今後も藤原さくらに注目です。

ピックアップ記事

  1. umakoshi-sachiko-gotou
  2. himuro-hotei-break-up
  3. ikebe-ai-husband
  4. yoshizawa-hitomi-fat
  5. tomita-mayu-wiki
  6. satou-atsuhiro-nakai
  7. hannya-kawashima-wife
  8. warm-body-hottea-cocoa
  9. hikaru-genji-notification
  10. ogura-yuuko-husband-kikuchi-isao
PAGE TOP