ライフスタイル

官僚とは?元官僚が年収・給料・出身大学をわかりやすく語る

自分の子供を安定の公務員の頂点である「官僚」にさせたいと思う親御さんは多いと思います。
元官僚で現在はフリーランスとしてご活躍の宇佐美典也さんが、官僚になるにはどういう手順が必要かといった事や出身大学、そして年収、給料、天下りの実態といった裏事情を赤裸々に語ってくれました。

官僚とは一体何をするものなのかという基本的な疑問にもわかりやすく答えています。
そして経済産業省は省庁自体を女子大生と出会える合コンの場所としているという実態がありまして、伴侶と出会うマッチングの場としても活用し、まさに頭の良さをフルに生かしていたのでした。

【出身大学・東大】宇佐美典也が語る官僚になる方法

2017年4月7日放送の「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~スペシャル」に、一見普通の若いお兄さんが出演しました。

この方は東京大学出身で、元経済産業省に努めていた宇佐美典也(うさみのりや)氏です。
その優れた頭脳を活用し現在はフリーランスとしてご活躍中で、お名前で検索すれば簡単にアクセスする事ができます。

宇佐美さんの同期は約40人くらいいて、その内の約8割の出身大学は、東京大学か京都大学なのです。
この時点で、官僚になるにはあまりにも高いハードルがあるという事が伺えるというものです。

官僚になるには、大学を出た後に国家公務員試験を受ける必要があります。
1981年生まれの宇佐美さんの時代は、その国家公務員試験には「I種」「II種」「III種」の3種類があり、I種に合格しないと官僚にはなれないのです。

しかしその国家公務員試験I種の試験の競争倍率は、宇佐美さんの当時は約25倍という、とてつもなく激戦区だったのです。
どおりで東大や京大出身の人たちが官僚の多くを占めているわけなのです。

そして試験に合格しただけでは官僚にはなれません。
合格後に各省庁の面接を受ける必要があり、その面接で3分の1から半分くらいの人が落とされるのです。
つまり試験を合格しても、官僚になれるのは半分から3分の2くらいなのです。

この面接で落ちた人は普通に就職活動をし、一般企業に就職する事が多いのです。

官僚とはどのようなポジション?

官僚とはどういう仕事をするのかという事は、多くの人が知らないと思いますが、宇佐美さんはわかりやすく説明してくれました。
一言で言うと政治家の頭脳的なポジションなのです。

政治家本人のみ全ての業務をこなす事は不可能です。
なので、政治家の頭脳になったり実務部隊になったりする人が必要になり、その役目を担うのが官僚なのです。

こう書くと、特定の政治家に仕える秘書的な役割だと思ってしまいがちですが、そうではありません。
官僚とは各省庁に常駐し、大臣が変わろうが政権が変わろうがずっとその省庁にいるのです。

世間一般的な地位としては、官僚は公務員の中でも偉い人、もしくは偉くなる予定の人の事なのです。

どんな仕事をするのか?

政治家の側近というポジションなのは分かりましたが、具体的な仕事内容はどのようなものなのでしょうか。
その大事な仕事の一つを説明してくれました。

よく大臣が国会答弁を行っていますが、あの内容は政治家本人が考えているわけではありません。
宇佐美さんいわく「それは絶対無理」との事です。
あの答弁内容は、官僚が書いた内容を喋っているのです。

これだと官僚の方が政治家になればいいのではと思ってしまいますが、それは違うと宇佐美さんは語ります。
官僚はあくまでサポートするのが仕事なので、いざ人前に立つとキョドったりするのです。

官僚と政治家の関係は、テレビで言うならディレクターと出演者の関係に似ています。
ディレクターは台本通りにキチンとするように指示し、出演者はその通りに遂行します。
しかしいざディレクターにカメラが向けられると「あわわわ」となり、ガチガチになるケースがバラエティー番組等で多く見られると思います。

国会答弁台本作成は徹夜の激務

宇佐美さんは、国会答弁の台本の作成過程も語ってくれました。

国会答弁では野党からの質問に答えるのですが、だいたい2日前までに与党に対して「こういう質問をします」という内容を持ってくる事になっています。
ただし現状としては、大抵前日になってようやく到着するそうなのです。

そして質問は何百も来るので、与党側は答えるのが嫌なのです。
なので質問が来たら、まずは押し付け合いが始まります。

「この質問は防衛省が答えろ」
「断る」
「外務省が答えろ」
「嫌だ」
という押し付け合いが、約3時間も行われます。

そしてその押し付け合いによって、答弁義務を他の省庁に弾くのが若手官僚の役目なのです。
一度答弁を引き受けて前例を作ってしまうと、次に似たような質問が来た時に「以前、お前の省庁が答えたから今度も答えて」となってしまうのです。

このように押し付けあった結果、質問が確定するのが前日の22時くらいなのです。
確定したら、次の日の朝までに答弁を仕上げなければなりません。

大変なのは、答弁内容が自分の省庁内で収まらない場合です。
宇佐美さんは元経済産業省なので、経済産業大臣への答弁なら、基本的に自分の省内で収まります。

しかし総理大臣の答弁を書く場合は、まず経済産業省内でOKをもらった後に総理直属の秘書官の所に持っていって確認をもらう必要があるのです。
そこでNGが出た場合は再度書き直す必要があり、そのループが朝まで続く事もあるのです。

このように国会答弁の台本作成は、徹夜必至の激務なのです。

気になる給料・賞与を暴露。年収は意外と低い

このように徹夜があるにもかかわらず、以外に年収は多くないのです。
給料を聞かれた宇佐美さんは「年齢 x 1.1倍」くらいが月収の相場と答えました。

23歳で入った宇佐美さんは、基本給25~26万円くらいが初任給だったのです。
月給が安い代わりにボーナスが多く支払われるかといえばそうではなく、40~50万円を年に2回で約80~100万円だったのです。

画面には宇佐美さんの、おそらくまだ新人の頃だと思われる源泉徴収票が映ったのですが、支払金額は410万3460円でした。
この支払金額イコール年収なのは言うまでもありません。

官僚の天下りには以外な理由があった

官僚といえば天下りをするという事が、どうしても頭をよぎってしまいます。
天下りとは、自分がいる(いた)省庁の働きかけで民間企業等に役職を作ってもらい再就職をする事です。
国家公務員法でも厳しく規制され、必要以上に行うと違法とされていますが、しょうがない事情があったのでした。

元経済産業省の宇佐美さんは
「経産省は天下り先が豊富で、天下りはめっちゃ多い」
と語りました。

経産省は様々な業界と一緒に活動して、その業界の安全規格とかを作るのが仕事のひとつです。
そしてその規格等を審査・審査する団体が沢山あるのですが、そういった民間と省庁の間みたいな団体に天下りするそうなのです。

そして、官僚はみんな天下りしたいものだと世間が思っている事に対し、異論を唱えました。
本当は天下りをしたくなくて、省庁に残ってもっと働きたいのです。

では省庁に残れない理由は何かというと、単純に下(部下)から詰まってくるのです。
みんながみんな事務次官まで登りつめる事はできません。

事務次官

課長

課長補佐

「お前が辞めないと下の者が昇進できないから辞めてくれ」という交渉が行われてしまうのです。
そのような事を言われるのは、昇進が頭打ちになる50歳くらいからだそうです。

人事の季節が来て、人事課に呼ばれた課長が帰ってきたら呆然としていた。
話しかけても呆然としていて「ああ、これは天下りを打診されたな」と分かった。

と、年齢が上がり出世レースから外れ、居場所が無い官僚は本人の意思に反して天下りを打診されるという実態を告白してくれました。

天下りを隠す小細工

このような理由がある天下りですが、違法であると批判の対象となるので、巧妙なカムフラージュが行われているのです。

天下りを打診された官僚が省庁を辞めたら、約3ヶ月間くらい無職の期間を置き、その間は何もしません。
そして3ヶ月後に天下り先に就職するのです。

以前は省庁を辞めると斡旋された企業にすぐに再就職していたのですが、この方法を使えばあたかも自分で就職先を見つけたかのように言い訳ができると暴露してくれました。

官僚と女子大生と結婚できる可能性が高い

経済産業省の官僚はチャラく、合コンでもモテるという話がありますが、それにも理由があるのです。

元経済産業省の宇佐美さんは

合コンに行くとかいう発想をするから他の省庁は駄目なんですよ。
省庁自体を合コン状態にするという発想で経産省は動いていて、女子大とかに事務職の募集を載せるんですよ。
それを一番最初に始めたのが経産省なので、経産省内には女子大生が溢れているんですよ。

バイトに応募する人も、官僚との結婚目当てで入って来るような人もいる。
合コンに行くとかを考えているから他省庁は駄目。
もっと頭を使え。
もっと権威を使えと。

と語り、笑いを誘いました。

このように官僚の中で一番チャラいと言われる経産省ですが、それには理由があったのでした。

シン・ゴジラにも通じる人間味

2016年に上映された映画「シン・ゴジラ」では、政治家達の葛藤や内部事情が映画というフィクションではありますが描かれ、より身近に感じたものでした。

そして今回赤裸々に内部事情を語ってくれた宇佐美さんによって、官僚という存在がより身近になった気がします。

特に天下りに関しては、せざるを得ない切実な理由があったのが意外な発見だったのです。

ピックアップ記事

PAGE TOP