エンタメ

紫艶がFacebookに投稿した桂文枝の画像が出回っていないのは友達限定公開にしたからだろう

歌手の紫艶が本名の中江ひろ子でFacebookアカウントを作成し、桂文枝へのリベンジポルノ画像1枚をアップロードした事が話題になっています。
この話題は3月7日にスポーツニッポンが報じました。

紫艶は同誌の取材に対し

該当画像が撮られたのは15年以上前。
新しい中江ひろ子アカウントを作成した時に操作ミスからか、該当画像がアップロードされてしまった

と説明しています。
が、これはあまりにも嘘くさい話で、信用する人は皆無に等しいでしょう。
ちなみに15年前というと、まだ桂三枝だった時代です。

そしてこれだけネットワークが発達した時代に、該当のリベンジポルノ画像が全く出回っていない事について検証してみました。

また、桂文枝のリベンジポルノ画像が流出した経緯については
紫艶のFacebookで桂文枝のリベンジポルノを流出させた事で逮捕されないなら「知らなかった」で全て済む事になる
を是非ご覧くださいませ。
一言でいうと、3月4日にFacebookの中江ひろ子アカウントで桂文枝画像がアップロードされ、3月6日に削除されたという事です。

友達限定公開した場合、シェアしてもさらに友達には見えない

2月19日(金)発売のフライデーで不倫問題が報じられ、まだまだホットな最中のこの話題です。
紫艶の本名の中江ひろ子アカウントがFacebookに作成されれば、ネットユーザーが必ずや見つけるでしょう。

そしてアップロードされた桂三枝の画像を見つけ、お祭り騒ぎとなるはずです。

ところが3月8日現在でも、画像は全く出回っていません。

このリベンジポルノ問題は、スポーツニッポンと紫艶がタッグを組んで、話題を提供するために捏造したネタかという考えもできます。

しかし仮にも大手のスポニチがその様な事をするとは思えません。
おそらくというか確実にFacebookの「友達限定公開」で公開したのだと思います。

友達限定で公開した場合、文字通り中江ひろ子さんの友達以外からは見る事ができません。

ただ気になる事が1つあります。
それはその投稿を、中江ひろ子の友達が「他人」にシェアした場合、「他人」から見られるのではないかという事です。

ただこれについては心配はいりません。
たとえシェアされたとしても「中江ひろ子の友達」しか閲覧する事はできません。
「他人」には見えないわけです。

というわけで友達限定公開したから画像が出回っていないのでしょう。

友達限定公開した画像が流出したという紫艶の前科

2月19日発売のFRIDAYにて不倫問題の第1弾が報じられました。
その記事で紫艶は流出した不倫画像について

これは桂三枝師匠の了解を得て、友人だけの限定公開SNSへアップした写真です。
それがどうして…。

少し前にパソコンの調子が悪くて修理に出したんですけど、その影響なのか。

とのコメントをしています。
これについては
桂文枝がFRIDAYで紫艶との不倫を暴露されたのは写真がSNSで流出したから?
をご覧くださいませ。

「友達だけの限定公開SNS」とは、おそらくFacebookの事でしょう。
過去に流出させてしまった失敗があるのです。
普通ならそこで学習し、慎重になるはずです。

ところが学習もせず、リベンジポルノ画像を流出させてしまった。
これはわざとやったと思われてしまってもしょうがないでしょう。
それどころか、最初の不倫画像の流出もわざとやったと思われかねません。

スポニチが桂文枝の画像を何故知っていた?

今回のリベンジポルノ画像はスポニチが発見しました。
しかし中江ひろ子の友達限定公開の画像がスポニチ側に回るというのはおかしな話です。

万が一中江ひろ子の友達がスポニチ社員だったとして、プライベートで得た画像を報道するわけはないと思います。
考えられるとしたら、やはりわざとマスコミの目に留まる振る舞いを行ったとしか考えられません。

不倫騒動を収束させるために、桂文枝は手切れ金数千万円を支払ったとの噂もあります。
ただ20年も不倫関係を続け、気付けばもう40歳直前の紫艶にしてみれば安過ぎる金額といえます。
何せ天下の桂三枝の愛人だったわけですから。

その報復と思えば納得せざるを得ないでしょう。

ピックアップ記事

  1. smap-dissolution-reason
  2. shiraishi-miho-surgery
  3. ototake-hitomi-age
  4. akbingo-new-mc-muramoto
  5. takahata-yuuya-girlfriend
  6. kadowaki-mugi-ainouzu
  7. ikkokudou-daughter
  8. m-station2016-artists
  9. ookouchi-nanako-koufuku
  10. tanabe-natsume-miku
PAGE TOP